【見落とし厳禁】お宝保険は意外なところに眠っている

お宝保険

主要なクレジットカード会社がカード会員限定で募集している保険は、月額数百円程度と格安。ワンコインで他人に対する損害賠償に対応する保険など、日常生活のリスク備えられる。昨今注目を集める「自転車保険」も安価で済み、多くが会員サイトから加入でき、申込書の記入などが不要なのも便利。

数百円程度の追加で使える!カード限定保険

ポイント還元に目が行きがちなクレジットカードだが、実は保険も重要な機能の一つ。代表的なのは「旅行傷害保険」で、旅行中のケガや病気、盗難などが補償される。また、カードで購入した商品の盗難や破損を一定期間補償するものもある。

これらは一般的なクレジットカードに付帯する機能だが、数百円程度の追加料金を支払うだけで、日常生活でのアクシデントもカバーできるものもある。主要なカード会社が会員限定で、少額の入院・通院補償、携行品の盗難・破損補償などを用意している。

特に有用なのは「個人賠償責任保険(個賠)」。他人に対してケガをさせた場合などの損害賠償に使え、示談交渉も保険会社に任せられるものが多い。保険金額は最高1億円程度と高く、大抵のトラブルには対応できる。

個賠は、実際に使われるケースは稀なので、保険料は月100円程度と安価だ。安すぎて単品では売れないため、自動車保険や火災保険の特約として申し込むのが一般的。しかし、カード会員ならば、車や自宅を持っていなくても個賠だけに加入できる。自転車保険もコンビニなどで加入するよりも、カード会社経由の方が割安になるケースもある。

カード会社が保険料の安い商品を販売できるのは、募集や集金にかかるコストを抑えられるため。保険会社が加入者と直接契約するのではなく、カード会社が保険契約者となって、会員向けに加入者を募り、集金も行う「団体保険」の仕組みを利用している。

割安な団体保険は会社員以外でも加入できる

医療保険や生命保険でも、団体保険は多くのファイナンシャルプランナー(FP)が「勤務先にあるなら、まず検討すべき」と推す「お宝保険」。ただ、カード会社のように、勤務先以外でも加入できるケースがある。会社に団体保険がない場合は、まず労働組合を当たるとよい。関係者におすすめなのが、電機連合や基幹労連、JEC連合など、複数の企業の労働組合が加盟する組織が運営している共済。業界内で企業の合併があったり転職した際も継続でき、保障のポータビリティに優れる。

組織に属さない自営者にも手がある。付き合いのある税理士を通じて、全国税理士共栄会の準会員になれば団体保険に加入できる。また、生活協同組合も独自の共済商品「コープ共済」だけでなく、がん保険や傷害保険など、民間の保険会社と組んだ団体保険も取り揃えている。最近では、ANAがマイレージ会員向けに保険の提供を始めるなど、意外なところにも割安な商品は眠っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*