【40代】既婚男性の保険の備え方

40代既婚男性の保険

一般的に、40代は末子などが生まれるタイミングでもあるうえ、徐々に子供が成長して教育負担などが重くなる時期にさしかかる。また、マイホームを購入する年代でもあり、そういった場合、家計をうまくやりくりするために保険などを見直す必要もでてくる。

子供が増えたら「死亡保障」を手厚くしていく

ライフプランはなかなか先が読めないもの。1人目の子供が生まれた時点で、その後の子供の人数や年齢差まで考慮したうえで保険に加入することはなかなか難しい。

例えば、30歳前後で1人目が誕生し、その10年後に3人目が誕生した場合、最初に加入した保険の保障額が不足したり、3人目の大学卒業を待たずに保険期間が終了してしまったりすることもあり得る。

本来、死亡保障は末子の誕生時が最高額になる。もっともリスクが高いタイミングともいえるので、死亡保障の見直しをしておいた方が安心できる。死亡保障の見直し方法は、大きく分けて2つある。

まず1つ目は、現在加入している保険に追加して、別の保険に1本加入することで、死亡保障額を増やす方法。例えば、第3子誕生の時点で、現在加入している収入保障保険にプラスして、ネットで安く入れる定期保険に死亡保障1000万円、65歳満期で加入することで、第3子が成人するまでの期間、必要な死亡保障が得られる。

もう1つの方法が、現在加入している保険を解約し、新規で別の保険に加入し直すことで、死亡保障額を増やす方法。例えば、非喫煙者健康体と最低保障期間2年などの条件を付けることで、追加で定期保険に加入した場合よりも保険料を抑えることができる。

また、収入保障保険に新規で加入する場合は、年金月額を増やして保険期間を長くする方法がおすすめ。

タイミングを見て「医療保険」や「がん保険」に切り替えを検討

20~30代に加入した保険が、「死亡保険に入院特約を付加したタイプ」の人も多い。しかしながら、このタイプだと死亡保障が満期になると、医療特約も保障が切れてしまうことになる。

医療保障は、60代以降のシニア時代こそ必要なもの。できれば医療特約だけを解約して、代わりに単体の終身型医療保険に別途加入しておきたい。

もしも、加入している保険が10年などで更新していく更新型であれば、更新のタイミングで医療特約を解約したい。また、40代になると「がん」が気になる人も多い。その場合、医療保険を補填する形の割安ながん保険などもあるので、併せて加入を検討するのもあり。

お金の失敗を防ぐには?

老後の万一に備えて「終身保険」の検討

例えば、住宅ローンはいつまで支払えばよいか、繰り上げ返済をすることでいつ返済できるのか。教育費は第1子から末子まで、いつどのくらいのお金がかかりそうかなど。

40代も後半になると、「定年までにいくら必要か」などが、だんだん見えてくる。必要な金額がある程度わかるので、それに合わせて出費についての計画を立てて、お金を積み立てたり、家計を見直して教育費を捻出したりすることになる。

そういったことから、家計の負担が厳しい40代は、自分たちの将来について考える余裕はあまりないともいえるかもしれない。しかしながら、子供が全員巣立ってから考えたのでは遅すぎることも確か。できることなら、定年後の生活の資金準備についても少しずつでも考えていきたい。

実際、老後に必要なお金は生活費だけではない。自分に万一のことがあったときの葬儀代や墓代、介護が必要になったときにかかる介護サービス代、重い病気にかかったときの医療費・療養費などに備える必要がある。

そうしたリスクに備えるためにも、40代のうちに終身保険には加入しておきたい。ただし、その際注意しておきたいのは、必ず払戻率が100%を超える解約返戻金を受け取ることができる保険商品を選ぶこと。必要なければ死亡時の保険金として、必要になれば老後資金として受け取ることができるので加入しておくと便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*