【30代】既婚男性の保険の備え方

30代既婚男性の保険

一般的に結婚して家族ができる30代は、独身時代と違って、自分のことだけを考えるのではなく、家族のことを優先する必要がある。特に、自分が亡くなるなど万一の際に備えて、保険においてはまず「死亡保障」について手厚く考えておくことが大事だ。

子供が生まれたら「定期保険」「収入保障保険」に加入

子供が生まれたら、夫婦ともにそれまでの保険を見直す必要がある。特に、通常家計を支えるであろう夫の保険を中心に死亡保障の増額を考えなくてはならない。

夫が万一の際に受け取れる遺族基礎年金は、年間77万9300円+子の加算分(第1子・第2子:22万4300円、第3子以降:各7万4800円)となる。また、夫が会社員の場合には、これに遺族厚生年金などが上乗せされ、通常月額12~15万円程度となる。

しかし、必要な生活費に加えて子供の教育費もかかることを考慮すると遺族年金だけではとても足りない。その分を保険でカバーする必要がある。子供が成人するまでにかかるお金から、遺族年金や現在の貯蓄、妻の収入などを差し引いた金額を計算し、あらかじめ保険で備えておく必要がある。

では、どのような保険で死亡保障を準備すればいいのだろうか?

まずは、保険料の高い貯蓄型の終身保険よりも保険料が安い掛け捨て型の「定期保険」や「収入保障保険」を選ぶのがセオリー。万一の備えのために、高額の保険料を支払い、日々の生活を圧迫しては本末転倒。貯蓄もしながら、保険は割安な掛け捨て型の保険に加入するのが30代の保険のセオリーといえる。

定期保険は名前の通り、一定期間だけを保障する死亡保険。万一の事態がいつ起こっても受け取れる保証額が変わらないのが特徴。保険期間は10年程度と短期間なので、子供の成長に合わせて更新ごとに見直しをする必要もある。

一方、収入保障保険は保証額が経過年数に応じて自動的に減っていくので更新する必要がない。保険期間は25年、30年などの長期間となる。

まだ子供が小さく、ライフプランの変化も見込まれるという場合には、一定期間の保障を強化できる定期保険がおすすめだ。

また、もう家族が増える予定はない、マイホームはすでに購入したなど、今後のライフプランに大きな変化が見込まれない場合には、定期保険よりも割安な保険料で死亡保障を確保できる収入保障保険の方がおすすめだ。

保険の無料相談なら保険マンモス

三大疾病などにも備える終身の「医療保険」に加入

独身時代は、自分の健康のことなどあまり気にしない。しかし、30代になり家族ができると、自分が突然入院した時の治療費やその間の生活費なども心配になる。さらに、治療費の負担以外に収入が減って家計に影響が出たり、家事や育児のサポートサービスなどで費用がかかることもある。

そうしたお金の心配を補うのが医療保険。一生涯を保障する終身型の医療保険に加入しておけば、将来的な安心が得られる。最近の医療保険は、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」といった三大疾病に手厚いものが多い。メタボ気味、タバコを吸う、がん家系であるなどの健康で気になる点がある人は、そういった病気をカバーする保険を選んでおくのも良いでしょう。また、妊娠中には加入できない場合などもあるので、妊娠する前に医療保険に加入しておいた方が良い。

予定利率が下がってもお得な「学資保険」も残っている

子供が生まれたら、教育費をどのように準備するか考える必要がある。教育費を準備する場合は、もっとも費用がかかる大学資金を貯めるのがセオリー。子供が18歳になった時に、200~400万円くらい用意しておきたい。こうしたニーズに合わせて、大学入学時に満期になるように設計された貯蓄性保険が学資保険だ。

毎月積み立てをしおけば、必要なタイミングできちんとお金が準備できるので教育資金作りには最適。また、契約者である親に万一のことがあれば、その後の保険料は支払わずに保険料の払込が免除になる機能があるのも学資保険だけの特徴。そうした点からも、教育費準備には欠かせない保険ともいえる。

しかし、2017年4月から予定利率が引き下げとなり、貯蓄性保険の利回りが下がってしまった。その影響で、学資保険の中でも積み立てをしても受け取る保険金が元本割れしてしまう商品もある。しっかりと探せば、返戻率110%を超える優秀な商品もあるので、そういった点をしっかりと確認しておくことが大事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*